こんなん釣れましたけど

能登(石川県)の海でなんでも釣ってるサラリーマンチーム

しつこく能登アジング

先週に引き続き今週もチーム釣行。

と言ってもMパイセンと2人ですがね。

 

南の尺パーリーに若干心惹かれつつも

しつこく能登へ。

しかも久しぶりに奥能登方面から。

 

以前から気になっていたポイントがあったのでそこへ。

シャローかつフラット。

しかしベイトが溜まってそうな場所。

 

Mパイセンが一投目からメバルをポコポコ釣ってる。

「ここに溜まっとるで

というので言われたとおりにキャストしてみると

 

f:id:fish321:20170325144127j:plain

こんな感じのメバが溜まってました。

 

巻きよりもトゥイッチ後のステイが効くみたい。

コッッッというかすかなバイトに合わせると、

メバル特有のブルンッブルンッという引き。

 

アジには無い釣り味。

なかなか楽しい。

 

メバに用がない僕は、釣ったハナからMパイセンのクーラーに

勝手に放り込んでいました。

開始後30分ぐらいでこんな釣果。

f:id:fish321:20170325144421j:plain

 

 

いい加減メバに飽きたので次はアジを探してポイント移動。

大きく南下して次は島周辺へ。

 

ポイントに到着すると先行者が帰っていくところでした。

「ということはあまり釣れてないのか、、」

と期待せずにとりあえずキャスト。

 

潮止まりという時間帯もあり、活性は低め。

確かに状況は厳しい。

 

単発的にアジは釣れます。

モワ〜〜っとした違和感のようなアタリばかり。 

 

f:id:fish321:20170325144938j:plain

しかし手前だったり沖だったり、

表層だったりボトムだったり、

イマイチパターンが掴めない。

 

Mパイセンもアジをゲット。

f:id:fish321:20170325145038j:plain

 

途中、Mパイセンが釣ったタケノコがベイトを吐き出した。

f:id:fish321:20170325145119j:plain

甲殻類ではなくシラウオっぽいベイト「フィッシュ」

どうりでライズも単発でレンジや場所も分散してるわけだ。

僕らもそれに倣ってクリア系のキビキビ動くワームで攻めますが、

ポツポツと釣れる程度。

 

空がうっすらと明るくなってきたので終了。

メバルは湧いてたけどアジは厳しい釣行でした。

 

僕の釣果は、、

f:id:fish321:20170325145353j:plain

 

アジが15匹。

メバルは多分10ぐらい。

 

きびし〜。