こんなん釣れましたけど

能登(石川県)の海でなんでも釣ってるサラリーマンチーム

TRで釣ったアオリをその場で食してみた

どうも。T部員です。

 

3週間ぶり釣行。

 

大潮なのはいいんだけど「快晴で微風」

まあまあ嫌な予感がします。

f:id:fish321:20161016144654j:plain

 

今回はM先輩とK君との3人での釣行。

K君は最近TR用ロッドを買ったばかり。

しかもオイラと同じやつ。

 

これイイんだわ。安くて。

しかも普通に釣れるし。

こりゃ負けられんわ〜〜マジで。

 

つーことでコチラも色々と調達。

f:id:fish321:20161016144931j:plain

PEを今までの0.8号から0.6号へ。

リーダーも2.5号から2.0号へ。

 

f:id:fish321:20161016145549j:plain

エギも5本ほど追加。

全部DUELのフラッシュフィンの3.5号30g。

パタパタ君が好きなんです。

これがまた釣れるんだわ。

特に朝マヅメ。

 

 

 

まずは船を20m前後の浅場から流していく。

ローライトの朝マヅメなので実績あるオレンジを

落とすけど、ぜんぜんあたらない。

 

ちょい焦る。食い渋りか?

同じカラーのまま3.5号から3.0号へ変えてみると

投入一発目でヒット。

 

f:id:fish321:20161016145928j:plain

小さいエギには小さいアオリ。って本当やな。

 

日が高くなり、30mオーバーになると

アタリは少なくなるけど徐々にサイズアップ。

 

f:id:fish321:20161016150126j:plain

 

 

こいつは胴長23cmくらい。

 ↓

 f:id:fish321:20161016150630j:plain

 

 

 

そんでシャクリの最中にキジハタ。

f:id:fish321:20161016150339j:plain

今日はフラッシュフィンTRのパープルがアタリエギ。 

 

しかし風が全然なく。

潮も動かない。

ここらは大潮になると潮が動かないような。。

 

かなりダレてきたので

気分転換にアオリを食うことに。

 

まずは釣ったばかりのアオリをうつ伏せ?にして

漏斗のある背中をハサミで開いていく。

f:id:fish321:20161016150837j:plain

 

 そして墨袋の口をペンチで挟んで持ち上げて、

他の内臓ごと胴体から切り離してしまう。

 

 

腸炎ビブリオ菌が怖いので

念のためペットボトルの真水で洗って、

キッチンペーパーをつかって皮を剥くと

こんな感じ。

f:id:fish321:20161016151121j:plain

 

そして予め用意してあった(笑)すし飯で寿司を握る!

f:id:fish321:20161016151221j:plain

 

 

 

そして完成。。

船上のイカにぎり寿し(笑

f:id:fish321:20161016151230j:plain

直射日光と寿司って合わんわ〜。

 

気になるお味は、、

 

めっちゃ美味いやんけ(笑

コリコリの歯ごたえはまるで漬物みたい。

船長さんも「美味いね〜」とご満悦でした。。

無理やり食べさせてスンマセン(笑

 

釣れない時はこういう気分転換は必要ね。

本当に楽しいから。

 

 

食って笑って楽しんだ後は、、

 

重い足取りで各自の釣座へ。。。

だって釣れんも〜ん。

風も吹かんも〜ん。。

 

しばらく船を流して頑張ってみるものの、、

なかなか渋い。いやかなり渋い。

 

NEWロッドを購入したK君も、

貴重な一杯を取り込み前にバラして意気消沈。

 

M先輩もオイラも苦戦。

 

終わってみれば、、

前回を下回る釣果。

3人で30数杯ほど。

サイズはかなり良かったけど。

 

持ち帰りのアオリは締めてから

墨袋を除去してジップロックへ。

f:id:fish321:20161016152213j:plain

 

やり方はこの動画を参考にすると良いかも。


必見!!とみーさんのアオリイカ内臓処理実演ビデオ♪♪

 

なれると本当に簡単だし、帰ってからの処理が超楽。

陸っぱりでも使えますよ。

 

次はいつ行けるでしょうかね。。