こんなん釣れましたけど

能登(石川県)の海でなんでも釣ってるサラリーマンチーム

今年のアオリは成長が早い??

どうも、T部員です。

 

今週もティップランエギング釣行。

(まあ僕は先週はお留守番やったけど。。)

 

出港は同じく5時30分。

 

お約束の朝焼けショット。

f:id:fish321:20160924190521j:plain

「キレイやな〜」

 とか言いながらも、頭の中では

「今日はどうやって釣ってやろうか」

 と算段しているわけでして。

 

 

潮は小潮。ほぼ動いてない。

しかし風だけはそよそよと吹いてくれてるので、

なんとか船は流せそう。

 

まずは浅場から。

開始早々、自他共に「アオリが苦手」を認めるハクさんからヒット。

 

そうこうしているうちに僕のエギにもヒット。

f:id:fish321:20160924190526j:plain

今シーズン初。

しかもおNEWロッドの墨付けも同時に完了。

 

クッソ嬉しいっす。

 

そのまま連発で

f:id:fish321:20160924190532j:plain

ちょいサイズアップ。

というか、全体的に大きめです。

コロッケよりも胴長20程度の個体の方が圧倒的に多い。

 

その後もなぜか僕のエギにアタリが集中。。

f:id:fish321:20160924190523j:plain

このマーブルオレンジだけは予備を持っていたいほど。

 

 


デュエル(DUEL) EZ-Q フラッシュフィン TR

あの「パタパタ」にNEWバージョン登場!今度はフィン!?「パタパタフィン PATENT」わずかな潮流でフィンがバイブレーションを起こし、波動で猛烈アピール。よりイージーに捕食本能をスイッチON!

 

しかし日が高くなるとアタリが激減し、

どちからというとナチュラルなカラーの方がいい感じ。 

 

f:id:fish321:20160924190535j:plain

先週のM先輩の当たりエギを、僕もこっそり買っての一杯。

 


ダイワ(Daiwa) エメラルダス ボート RV

着底感度の良いアイ一体型メタルノーズドテラ流しで潮を受けながらの釣りでもアイ一体型の尖端形状で着底感度アップ。ラトルで広範囲にアピール。

 

M先輩の冷たい視線を尻目にせっせとシャクるのです。

 

 

しかしここらで僕の後塵を拝していたM先輩がジワジワと追い上げてくる。

f:id:fish321:20160924190537j:plain

 先輩、イカパンチを見事に掛けてるじゃないですか。。

さすが僕らのイカ先生ならぬイカ先輩!

 

ティップランはイカの当たりをティップで感知して、

掛けて捕る釣り方なのは皆さんご存知の通り。


必見!ティップランのアタリはコレだ!

 

 

コレがわかると面白いんですわ。

今までエギングロッドでやっていたフォールの釣りが、

急にダルい釣り方に思えてくるのです。

 

 

ちなみに今回僕が買ったロッドは、

メジャクラのソルパラ・ティップランモデルSPS782L/TR

メジャークラフト ソルパラ ティップラン モデル SPS-782L/TR

秋から冬にかけてのティップランシーズン初期にぴったりなモデルです。25gから35gのティップラン専用エギや、5gから15gのシンカーをプラスしてのエギに最適です。水深30m前後での数釣りを楽しみたい方にオススメです。柔軟なティップで500g前後のイカパンチも確実にノセることができるでしょう。

 


【メジャークラフト】ソルパラでティップランエギングin和歌山県湯浅

 

正直、チューブラーティップで8千円のロッドに

期待なんかしてなかった。。

 

でもこれ、

結構良かったんですわ。

 

普通にティップを見て当たりも取れるし、

手にも十分に情報が伝わってくる。

自分の腕ではこれ以上高価なロッドは必要ないな〜。

ただちょっとラインがガイドに絡みやすい。。

というのが個人的な感想。

 

 

 

 

 

あ、そうそう。

ハクさんはというと。。

 

 

 

アオリには早々に飽きてしまい。

 

 

 

f:id:fish321:20160924190541j:plain

やっぱりサビキでカマスを無数に釣っていました。。

しかも一つテンヤで何気に真鯛釣ってるし

鯛の写真撮ってよ。。

 

 

そして僕も、、

 

 

 

 

f:id:fish321:20160924190539j:plain

テンヤに浮気した結果がコレ。

 

ミニベラの横っ腹貫通という。

ごめんなさい。

 

こんなことをしている間にM先輩に

アオリの数を追いつかれ、

1杯釣られては1杯釣り返すデッドヒート。

どんだけ負けず嫌いなんやと。

 

イカをかけるたびに

「バラせ!バレろ!www」

という暴言の応酬。

 

“海を愛する男は心が澄んでいる”

とか絶対ありえんすから。

 

挙句の果てには

逆転を許してしまいM先輩の優勝。

 

いや完敗っす。

でも面白かった。

 

釣ったアオリはまとめて締めてジップロックへ。

まるで戦場でした。

船汚しちゃってスンマセン。。

f:id:fish321:20160924190544j:plain

 

 

釣果(4人)

アオリ:約60杯

真 鯛:1匹

カマス:無数