こんなん釣れましたけど

能登(石川県)の海でなんでも釣ってるサラリーマンチーム

しつこく能登アジング

先週に引き続き今週もチーム釣行。

と言ってもMパイセンと2人ですがね。

 

南の尺パーリーに若干心惹かれつつも

しつこく能登へ。

しかも久しぶりに奥能登方面から。

 

以前から気になっていたポイントがあったのでそこへ。

シャローかつフラット。

しかしベイトが溜まってそうな場所。

 

Mパイセンが一投目からメバルをポコポコ釣ってる。

「ここに溜まっとるで

というので言われたとおりにキャストしてみると

 

f:id:fish321:20170325144127j:plain

こんな感じのメバが溜まってました。

 

巻きよりもトゥイッチ後のステイが効くみたい。

コッッッというかすかなバイトに合わせると、

メバル特有のブルンッブルンッという引き。

 

アジには無い釣り味。

なかなか楽しい。

 

メバに用がない僕は、釣ったハナからMパイセンのクーラーに

勝手に放り込んでいました。

開始後30分ぐらいでこんな釣果。

f:id:fish321:20170325144421j:plain

 

 

いい加減メバに飽きたので次はアジを探してポイント移動。

大きく南下して次は島周辺へ。

 

ポイントに到着すると先行者が帰っていくところでした。

「ということはあまり釣れてないのか、、」

と期待せずにとりあえずキャスト。

 

潮止まりという時間帯もあり、活性は低め。

確かに状況は厳しい。

 

単発的にアジは釣れます。

モワ〜〜っとした違和感のようなアタリばかり。 

 

f:id:fish321:20170325144938j:plain

しかし手前だったり沖だったり、

表層だったりボトムだったり、

イマイチパターンが掴めない。

 

Mパイセンもアジをゲット。

f:id:fish321:20170325145038j:plain

 

途中、Mパイセンが釣ったタケノコがベイトを吐き出した。

f:id:fish321:20170325145119j:plain

甲殻類ではなくシラウオっぽいベイト「フィッシュ」

どうりでライズも単発でレンジや場所も分散してるわけだ。

僕らもそれに倣ってクリア系のキビキビ動くワームで攻めますが、

ポツポツと釣れる程度。

 

空がうっすらと明るくなってきたので終了。

メバルは湧いてたけどアジは厳しい釣行でした。

 

僕の釣果は、、

f:id:fish321:20170325145353j:plain

 

アジが15匹。

メバルは多分10ぐらい。

 

きびし〜。

 

尺アジ祭りをあえて避けて・・・

昨年11月のティップラン釣行を最後にチーム活動をサボってました。

単独釣行はポチポチ行っていたのですが、、

 

今回は久しぶりのアジメバ。

巷では尺アジ祭りが始まっているとか聞こえており、M先輩にも

「南下して尺アジ祭り行きましょ〜よ

とねだってみるものの

「あかん。今回は島でメバルや。」

と一歩も譲らず。

 

まあ、行っても人多そうだし、

釣果のムラもありそうだし。

今日は手軽に確実にアジメバと遊びたい気分。

能登まで行こうかと思ったけど、

釣り禁止とかでつまんない感じになってるので

やっぱ島周辺で遊ぶことに。

 

最初はタケノコ及びメバルで実績のあるポイントへ。

状況はやや静かめ。

ただ、単発的に派手なライズがあるので明らかにメバルはいる感じ。

中潮で潮止まりが24時30分なので、

まずはそれまでの勝負で。

 

 

M先輩はジグ単。

僕はリッジF35から。

 

1投目からM先輩がバックラッシュでモジャモジャ発生www

 

その隙を突いてリッジをスローリトリーブでフルフルさせてから

ピタッとステイ、、した瞬間にパシャッときました。

 

f:id:fish321:20170318153437j:plain

 

20cmぐらいのメバ。

リッジやっぱ強いわ、、

久しぶりにメバル釣った感じ。

 

そうこうしている間に。

M先輩がアジをゲット。

f:id:fish321:20170318153704j:plain

 

え?アジいるの?

ここに???

急いでジグ単に持ち替えてキャスト。

 

f:id:fish321:20170318153910j:plain

いや普通にいてますやん。

 

沖目でフォールさせてアジ。

手前の藻場近くまで引くとメバル

f:id:fish321:20170318154053j:plain

 

回遊というよりもアジが溜まっている感じ。

飽きない感じで釣れます。

 

そして24時30分の潮止まりでピタリとアタリが消える。。

ここでポイント移動。

 

しかし次のポイントは藻がほとんど枯れていて底が丸見え。

見るからに魚もいない。

数投するものの反応なしで移動。

 

次のポイントも思ったより藻が無く、

ほとんど無反応。

この時期の島ってこんなでしたっけ。

 

釣果はこんな感じ。

f:id:fish321:20170318154739j:plain

アジが16匹、メバが6匹。

M先輩はその逆くらいでしょうかね。

 

豆アジ、チビメバばかりでしたが手軽に楽しめる感じでした。

強風とぶっ飛び潮の内浦TR

どうも。T部員です。

 

シーズン終盤の内浦ティップランに行ってきました。

というか多分今年最後になりそう。

 

予報どおり風が強い。

しかも中潮なのにぶっ飛び潮。

 

目の前をクラゲがもの凄いスピードで流れ去って行く。。

 

朝マヅメの一発目は浅場から。

誰も乗らない。。

 

少し移動してティップに違和感。

合わせるとタコ。。

f:id:fish321:20161106132922j:plain

 

それでもめげずにシャクってやっと1杯。

f:id:fish321:20161106133023j:plain

型はいいんやけどね。

全然アタらない。

単発でしか釣れない。

 

デュエル(DUEL) EZ-Q フラッシュフィン TR

あの「パタパタ」にNEWバージョン登場!今度はフィン!?「パタパタフィン PATENT」わずかな潮流でフィンがバイブレーションを起こし、波動で猛烈アピール。よりイージーに捕食本能をスイッチON!

 

そのうち魚の方が活性あがっちゃって

 

K君が良型のアオハタなんか釣っちゃってる。

f:id:fish321:20161106133200j:plain

 

強風とぶっ飛び潮で40gのエギに15gのシンカーを

付けても底取りに時間がかかる。

シャクリ2セットで相当流されるし。

 

気分転換に沖へ移動。

 

移動後、

M先輩にジギングロッドを貸してもらってシャクっていると

底から20m付近でやたらとガツガツ当たる。

 

みんなして「なかなか乗らんな〜」とか言いながらも

根気よくワンピッチで巻いてると、、、

 

 

なんとスレ掛かり真鯛45cm

f:id:fish321:20161106133735j:plain

 

スレだとやたら重い。

鯛の3段引きとか全然無いし。

やたら暴れて重くて、

上がってくるまで鯛とはわからなかった。

しかし鯛は鯛。

高級な外道ゲットです(人の竿で)

 

その後フクラギを釣ったり(人の竿で)

f:id:fish321:20161106134021j:plain

 

タイラバでキジハタ釣ったり(人からもらったリーダーで)

まあ、、イカよりも魚ばっかになってしまいました。

 

もうティップランもそろそろ終盤。

自分ら的には多分今年最後。

これからはショアのアジメバ。

船だとヤリイカですかね。

 

家で鯛を捌いていると、口の中からタイノエが、、

しかも、つがいで。

日本じゃ縁起物らしいけどグロい。

f:id:fish321:20161106134549j:plain

グソクムシみたい。。

 

ではまた〜。

そろそろキロアップ

シーズン後半のTR。

 

小潮だけど風も潮もまあまあ。

雲もほんのりかかっていて光も柔らかめ。

コンディションとしては良い方。

 

水深35m前後で

f:id:fish321:20161023220912j:plain

見事にピンボケ。。

 

同じフラッシュフィンTRのパープルで

f:id:fish321:20161023221007j:plain

こちらもピンボケ。

しかしなかなかの良型。

 

やっぱこの季節、この水深、この海域は

パープルが強い。

 

 

余談だけど、、

アオリイカは400ナノメートル付近の色域が

一番よく見える(らしい)。

 

 ↓この辺

f:id:fish321:20161023221815j:plain

ディープでも紫がアピールがあるというのは

そういう意味(らしい)。

 

 

f:id:fish321:20161023222145j:plain

イワシもこんなだから

なんとなくわかる気がする。

ここでオレンジとかピンクはちょっと違うもんな〜。

あくまでも想像やけど。

 

 

 

まあなんやかんやで

シーズン後半で型も一気に良くなり。

f:id:fish321:20161023221122j:plain

キロアップ(多分)っぽい奴も混じるように。

 

ただ、数釣りはもう終わりかな〜。

コンディションが良くて15杯。

 

上手い人なら陸っぱりでランガンして

同じくらい釣るんでしょうけど。

ランガンが苦手な僕らの場合は、

ボート乗った方が楽だし気分もアガる。

 

まあこれは釣果とか効率とか

良し悪しの問題じゃなくて、

単に好みの問題。

それにTR楽しいしね。

初心者でもアタリわかるし。

 

次回は11月の予定。

更にディープへ望みますよ〜。

TRで釣ったアオリをその場で食してみた

どうも。T部員です。

 

3週間ぶり釣行。

 

大潮なのはいいんだけど「快晴で微風」

まあまあ嫌な予感がします。

f:id:fish321:20161016144654j:plain

 

今回はM先輩とK君との3人での釣行。

K君は最近TR用ロッドを買ったばかり。

しかもオイラと同じやつ。

 

これイイんだわ。安くて。

しかも普通に釣れるし。

こりゃ負けられんわ〜〜マジで。

 

つーことでコチラも色々と調達。

f:id:fish321:20161016144931j:plain

PEを今までの0.8号から0.6号へ。

リーダーも2.5号から2.0号へ。

 

f:id:fish321:20161016145549j:plain

エギも5本ほど追加。

全部DUELのフラッシュフィンの3.5号30g。

パタパタ君が好きなんです。

これがまた釣れるんだわ。

特に朝マヅメ。

 

 

 

まずは船を20m前後の浅場から流していく。

ローライトの朝マヅメなので実績あるオレンジを

落とすけど、ぜんぜんあたらない。

 

ちょい焦る。食い渋りか?

同じカラーのまま3.5号から3.0号へ変えてみると

投入一発目でヒット。

 

f:id:fish321:20161016145928j:plain

小さいエギには小さいアオリ。って本当やな。

 

日が高くなり、30mオーバーになると

アタリは少なくなるけど徐々にサイズアップ。

 

f:id:fish321:20161016150126j:plain

 

 

こいつは胴長23cmくらい。

 ↓

 f:id:fish321:20161016150630j:plain

 

 

 

そんでシャクリの最中にキジハタ。

f:id:fish321:20161016150339j:plain

今日はフラッシュフィンTRのパープルがアタリエギ。 

 

しかし風が全然なく。

潮も動かない。

ここらは大潮になると潮が動かないような。。

 

かなりダレてきたので

気分転換にアオリを食うことに。

 

まずは釣ったばかりのアオリをうつ伏せ?にして

漏斗のある背中をハサミで開いていく。

f:id:fish321:20161016150837j:plain

 

 そして墨袋の口をペンチで挟んで持ち上げて、

他の内臓ごと胴体から切り離してしまう。

 

 

腸炎ビブリオ菌が怖いので

念のためペットボトルの真水で洗って、

キッチンペーパーをつかって皮を剥くと

こんな感じ。

f:id:fish321:20161016151121j:plain

 

そして予め用意してあった(笑)すし飯で寿司を握る!

f:id:fish321:20161016151221j:plain

 

 

 

そして完成。。

船上のイカにぎり寿し(笑

f:id:fish321:20161016151230j:plain

直射日光と寿司って合わんわ〜。

 

気になるお味は、、

 

めっちゃ美味いやんけ(笑

コリコリの歯ごたえはまるで漬物みたい。

船長さんも「美味いね〜」とご満悦でした。。

無理やり食べさせてスンマセン(笑

 

釣れない時はこういう気分転換は必要ね。

本当に楽しいから。

 

 

食って笑って楽しんだ後は、、

 

重い足取りで各自の釣座へ。。。

だって釣れんも〜ん。

風も吹かんも〜ん。。

 

しばらく船を流して頑張ってみるものの、、

なかなか渋い。いやかなり渋い。

 

NEWロッドを購入したK君も、

貴重な一杯を取り込み前にバラして意気消沈。

 

M先輩もオイラも苦戦。

 

終わってみれば、、

前回を下回る釣果。

3人で30数杯ほど。

サイズはかなり良かったけど。

 

持ち帰りのアオリは締めてから

墨袋を除去してジップロックへ。

f:id:fish321:20161016152213j:plain

 

やり方はこの動画を参考にすると良いかも。


必見!!とみーさんのアオリイカ内臓処理実演ビデオ♪♪

 

なれると本当に簡単だし、帰ってからの処理が超楽。

陸っぱりでも使えますよ。

 

次はいつ行けるでしょうかね。。

 

アジングでポキっと折れちゃった・・・

どうも。T部員です。

 

最近はティップランばかりだったので、

「たまにはアジングもやっておかなきゃダメやろ!」

というM先輩とアジング釣行。

 

雨雲から逃げるように北へ北へ。

気づけば奥能登。。

 

ポイントは酷い濁り。

そして雨と風。。

 

到着後はまずはエギングから。

やっぱイカかい!

 

しかしノーバイト。

 

しょーがないのでアジチェック。

あんまり生命感ないんやけど。。

 

弱々しいアタリを拾うと

 

 

f:id:fish321:20161001163420j:plain

10センチ強の極小豆アジ。。

 

 

風は後ろから吹くのに、

当て潮というチグハグな状況。

 

キャストでジグヘッドは飛ぶけど、

すぐに足元に戻されてくる。

 

 

M先輩もなんとか1匹目

f:id:fish321:20161001163421j:plain

 

 

しかし濁りが酷い。

オレンジのワームで攻めます。

 

バーチカルじゃ全然アタらない。

ボトムをとってからタダ巻きでモゾモゾした違和感。

 

それに合わせるとやっと、

f:id:fish321:20161001163423j:plain

18センチほど。

再現性はあるみたいで同じ場所でもう1匹。

 

M先輩はキャストの度に

ラインが絡んだりモジャったりして

ぜんぜん釣りをしていない。。

 

雨でラインがガイドやロッドに張り付くんだな。

 

その後は、ワームを変えようが

重さを変えようが、釣り方を変えようが、

 

まったくのノーバイト。

 

そしてやまない雨。

 

蒸れるポンチョ。

 

迫る便意と軽い腹痛。

 

ポッキリと心が折れました。

 

この借りはぜってー返すぜ。。。

今年のアオリは成長が早い??

どうも、T部員です。

 

今週もティップランエギング釣行。

(まあ僕は先週はお留守番やったけど。。)

 

出港は同じく5時30分。

 

お約束の朝焼けショット。

f:id:fish321:20160924190521j:plain

「キレイやな〜」

 とか言いながらも、頭の中では

「今日はどうやって釣ってやろうか」

 と算段しているわけでして。

 

 

潮は小潮。ほぼ動いてない。

しかし風だけはそよそよと吹いてくれてるので、

なんとか船は流せそう。

 

まずは浅場から。

開始早々、自他共に「アオリが苦手」を認めるハクさんからヒット。

 

そうこうしているうちに僕のエギにもヒット。

f:id:fish321:20160924190526j:plain

今シーズン初。

しかもおNEWロッドの墨付けも同時に完了。

 

クッソ嬉しいっす。

 

そのまま連発で

f:id:fish321:20160924190532j:plain

ちょいサイズアップ。

というか、全体的に大きめです。

コロッケよりも胴長20程度の個体の方が圧倒的に多い。

 

その後もなぜか僕のエギにアタリが集中。。

f:id:fish321:20160924190523j:plain

このマーブルオレンジだけは予備を持っていたいほど。

 

 


デュエル(DUEL) EZ-Q フラッシュフィン TR

あの「パタパタ」にNEWバージョン登場!今度はフィン!?「パタパタフィン PATENT」わずかな潮流でフィンがバイブレーションを起こし、波動で猛烈アピール。よりイージーに捕食本能をスイッチON!

 

しかし日が高くなるとアタリが激減し、

どちからというとナチュラルなカラーの方がいい感じ。 

 

f:id:fish321:20160924190535j:plain

先週のM先輩の当たりエギを、僕もこっそり買っての一杯。

 


ダイワ(Daiwa) エメラルダス ボート RV

着底感度の良いアイ一体型メタルノーズドテラ流しで潮を受けながらの釣りでもアイ一体型の尖端形状で着底感度アップ。ラトルで広範囲にアピール。

 

M先輩の冷たい視線を尻目にせっせとシャクるのです。

 

 

しかしここらで僕の後塵を拝していたM先輩がジワジワと追い上げてくる。

f:id:fish321:20160924190537j:plain

 先輩、イカパンチを見事に掛けてるじゃないですか。。

さすが僕らのイカ先生ならぬイカ先輩!

 

ティップランはイカの当たりをティップで感知して、

掛けて捕る釣り方なのは皆さんご存知の通り。


必見!ティップランのアタリはコレだ!

 

 

コレがわかると面白いんですわ。

今までエギングロッドでやっていたフォールの釣りが、

急にダルい釣り方に思えてくるのです。

 

 

ちなみに今回僕が買ったロッドは、

メジャクラのソルパラ・ティップランモデルSPS782L/TR

メジャークラフト ソルパラ ティップラン モデル SPS-782L/TR

秋から冬にかけてのティップランシーズン初期にぴったりなモデルです。25gから35gのティップラン専用エギや、5gから15gのシンカーをプラスしてのエギに最適です。水深30m前後での数釣りを楽しみたい方にオススメです。柔軟なティップで500g前後のイカパンチも確実にノセることができるでしょう。

 


【メジャークラフト】ソルパラでティップランエギングin和歌山県湯浅

 

正直、チューブラーティップで8千円のロッドに

期待なんかしてなかった。。

 

でもこれ、

結構良かったんですわ。

 

普通にティップを見て当たりも取れるし、

手にも十分に情報が伝わってくる。

自分の腕ではこれ以上高価なロッドは必要ないな〜。

ただちょっとラインがガイドに絡みやすい。。

というのが個人的な感想。

 

 

 

 

 

あ、そうそう。

ハクさんはというと。。

 

 

 

アオリには早々に飽きてしまい。

 

 

 

f:id:fish321:20160924190541j:plain

やっぱりサビキでカマスを無数に釣っていました。。

しかも一つテンヤで何気に真鯛釣ってるし

鯛の写真撮ってよ。。

 

 

そして僕も、、

 

 

 

 

f:id:fish321:20160924190539j:plain

テンヤに浮気した結果がコレ。

 

ミニベラの横っ腹貫通という。

ごめんなさい。

 

こんなことをしている間にM先輩に

アオリの数を追いつかれ、

1杯釣られては1杯釣り返すデッドヒート。

どんだけ負けず嫌いなんやと。

 

イカをかけるたびに

「バラせ!バレろ!www」

という暴言の応酬。

 

“海を愛する男は心が澄んでいる”

とか絶対ありえんすから。

 

挙句の果てには

逆転を許してしまいM先輩の優勝。

 

いや完敗っす。

でも面白かった。

 

釣ったアオリはまとめて締めてジップロックへ。

まるで戦場でした。

船汚しちゃってスンマセン。。

f:id:fish321:20160924190544j:plain

 

 

釣果(4人)

アオリ:約60杯

真 鯛:1匹

カマス:無数